命をいただく

東中野にあるサル・キッチンにて人生初のジビエ料理をいただきました。

スコットランド産のライチョウ。
日本やフランスでは狩猟禁止の種だそう。
どんなお味ですかと聞いたら、「旨みがある」とのこと。
お肉の「旨み」っていまいちピンときませんでしたが、
実際食べてみて「なるほど!」と理解。

上の写真はさばかれる前のライチョウ君。
自然の恵みに感謝して余すところなく、ワインと共に美味しく頂きました。

実はこの日、友達の友達の集まり…という流れで
格安バイキングへランチ行ってきたところ。
焼肉食べ放題とかがあったのですが、山盛りのお肉と
そこに群がる人の絵面を見て、私は吐き気を覚えてしまいました。
(サラダとフライドポテトしか食べる気がしなかった。)

食べるって何だろう…と考えつつ
たまにドカ食いをしてしまう自分が脳裏に浮かび
(大抵自宅でスーパーの安ワインを飲みながらですよ)
そういう自分にも吐き気を感じたり…。
これからは出来る限り、本当に食べたい時に
心から美味しいと感じるものだけ食べよう
(そして家飲みもキッパリやめる!)
と心に誓った一日でした。

サル・キッチン(東京・東中野)
https://www.facebook.com/la.salle.cuisine/