変わること

先日、久しぶりに以前よく(といっても月に一度程度)行っていたお店で食事をしてきました。
オーナー自ら調理・サービスしていたのですが、店舗名、内装はそのままに
人(シェフ・サービス)だけ新しくなった、ということで再訪。

お料理は美味しい、でも客層が変わったなぁ~というのが正直な感想。

まぁ、ちょっと私には合わないなと感じたからわざわざ記事にしている訳ですが
こういうのって結構あります。

オムライスとコーヒーがとても好きで通っていたカフェ、
オムライスの具のスパムがベーコンに変わった途端に足が遠のいたり。
シェフ一人で調理、サービスしていたイタリアンが、移転と同時に調理人を二人増やしたら
なんだか料理・サービス共にクオリティ下がっちゃったな、
ということで行きたいと思わなくなったり…

もちろんサンクチュアリについても同じことが言えるでしょう。

小さくとも行動を起こせば、自分の周りの空気が動き、何かしらの変化が現れます。
それは別に悪いことではなく、新たな出会いへの一歩、なのかなと思います。

(写真は2013年に旅行したイタリアにある小さな町の観光客向けレストラン)