クリソコラ

クリソコラ

これからは石について少しずつ書いていこうと思います。
初回はクリソコラ。

鉱物好きの方以外にはあまり知られていないであろう石、クリソコラ(Chrysocolla)。
地味だけれど個人的にはとても気に入っている天然石です。

名前の由来はギリシャ語の金(Chryso)とにかわ(kolla)だそうです。
和名は珪孔雀石。
この和名が示す通り、マラカイト(孔雀石)の他、アズライト(藍銅鉱)、キュープライト(赤銅鉱)といった鉱物と共に形成される天然石です。このクリソコラに石英(クォーツ)が混じったものはジェムシリカという別名で流通しています。

クリソコラ
蝶の羽を思わせるクリソコラ

ものによっては青一色のものもありますが、前述のジェムシリカを除き、大抵はこのピアスのように青、緑、赤が混ざり合った状態で流通していることが多いですね。

クリソコラ
銅が入り混じったインドネシア産のカボション

クリソコラが対応する星座は天秤座、天体は木星と海王星だそう。
占星術的には天秤座が支配する天体は愛と美、お金や楽しい事を管轄する金星なのですが、それに関連してかこの石のパワーストーン的意味合いは女性の魅力を引き出したり、繁栄の石とされているようです。また心身のバランス調整作用もあるそうで、これまた天秤座的(実際にはパワーストーンの意味が何を由来に決められているのか分かりません)。

なんだか色々と美味しい作用が盛り沢山のお得な石に思えますが(笑)、複数の鉱物が混ざり合った石はそれぞれの鉱物が持つ効果がプラスされていくのかもしれません。

参考資料
・鉱物図鑑 パワーストーン百科全書 八川シズエ著
・366日の誕生石パワーストーン事 登石麻恭子・須田布由香著